message代表メッセージ

川野晃裕

株式会社 大の葬祭

代表取締役社長川野晃裕

「弔う」とは、人間だけの尊い行為です

大切な方が亡くなったとき、人は悲しみます。
その感情を表現するのが「弔う」という行為です。
そしてこの「弔う」という行為は、
人間だけの尊いものであることをご存知でしょうか?
過去にさかのぼると、なんと4万年前のネアンデルタール人の頃から
すでに死者を弔っていたといいます。
洞窟の中にあった人骨の周りから、
そこにはなかったはずの花粉が見つかったことで、
亡骸に花をたむけたことが分かったのです。

「弔う」方法は、時代とともに変化してきました。
しかし、「弔う」こと自体は
人間が人間である以上、この先もなくならないでしょう。

そして、「弔う」機会を提案するのが、私たちの仕事です。

モトのために、タチをつくりたい

私たちは、地域を愛する気持ちをカタチにしていきたいと考えています。

地域には、特有の伝統や文化があります。
都市部にはない、パワーもあります。
そんな、地方ならではの素晴らしさを愛する気持ちが
私たちの原動力です。

つまり、愛する地域のために
何ができるのか、何がしたいのか考え、想い、心を寄せて
タチにしていきたいのです。

人と人を繋ぐため、人と地域を繋ぐために
あなたであれば、どんなカタチを思い描きますか?
そのカタチを、私たちと一緒につくりましょう。

about大の葬祭を知る

mission

モト愛を、タチ

モトとは、生まれ育ったショのこと。
モトとは、いま、住んでいるショのこと。
モトとは、誰か大切な人が暮らすショのこと。

モトを愛する気持ちから、タチを創ろう。
いま、ここから創ろう。大分から、創ろう。

カタチは
誰かたくさんの人のためになることもあれば、
誰かひとりのためにできることだってある。

そして、カタチは、自分の可能性を広げてくれる。
カタチは、孤独や悲しみを消すことだってできる。
カタチは、未来を創ることができる。
カタチは、人々を幸せにできる。

可能性は、無限大。
その先に「ありがとう」が待っていることならば。
さあ、どんなカタチを創ろう?

movie
大の葬祭 紹介
Shop&Lounge
れじゃぐる出演動画

people働く人を知る

one day

お通夜~お葬式の1日の流れ

※各会館によって異なります。
大の葬祭のメイン業務である、フロアマネジメント部 セレモニーアテンダント業務の仕事例をご紹介します。

お通夜(18:00 通夜の場合)

8:00 朝礼 朝一番のミーティング。今日の仕事内容を全社員で確認しあいます。
8:10 会館清掃 決められた場所の清掃を行います。
9:00 準備 ご遺族さまの控え室・式場の準備を行います。
12:00 昼食
13:00 受付準備 受付所の準備を行います。
16:00 ご遺族さま出迎え 自宅から会館へいらっしゃるご遺族さまを控え室や式場にご案内します。
16:45 隣保班さま出迎え 隣保班さまを出迎えて、控え室へご案内します。
17:00 スタッフ打合せ お通夜の流れをスタッフで確認しあいます。
18:00 お通夜開式  
18:30 お通夜閉式  
19:00 退社 館内を軽く清掃して、戸締りをしたら退社です。お疲れさまでした。

お葬式(13:00 葬儀の場合)

8:00 朝礼 昨日同様に、今日の仕事内容を全社員で確認しあいます。
8:10 会館清掃 決められた場所の清掃を行います。その後、ご遺族さまの控え室の清掃を行います。
9:00 準備 式場や受付所の準備を行います。
10:00 隣保班さま出迎え 隣保班さまを出迎えて、控え室へご案内します。
11:00 昼食 早めにすませます。
12:00 スタッフ打合せ  お葬式の流れをスタッフで確認しあいます。
13:00 お葬式開式  
13:45 お葬式閉式  
14:00 出棺 火葬場へ出棺します。
14:15 会館清掃 式場や受付所の清掃をします。
14:45 初七日準備 初七日法要が当日にある場合は、初七日の準備を行います。
16:00 収骨 ご遺族さまを火葬場へ案内します。(※スタッフは収骨に立ち会いません)
16:30 初七日開式  
17:00 初七日閉式  
17:15 ご遺族さま見送り ご遺族さまを見送ります。
17:30 清掃 各控え室、式場など館内を清掃します。
18:30 退社 戸締りをしたら退社です。お疲れ様でした。
question

Q1葬祭業って暗いイメージがあるのですが・・・

お葬式は、大切な方とのお別れという悲しい場面ですので、暗いイメージを持たれる事と思います。 しかし、一生に一度しかない大切な方とのお別れの場をお手伝いさせていただける事は、私たちの誇りでもあります。 失敗の許されない場でもありますので、携わる社員もお客様の前では真剣な表情になりますが、事務所へ帰って来ると、先輩や同僚とフレンドリーに話を楽しむ、明るい社員ばかりです。 「お客様により満足いただけるご葬儀を提供したい・・・」という気持ちは皆同じなので、上司、先輩、同僚、後輩、皆仲が良く、会社説明会などでお会いした学生さんの中には、弊社の社員の明るさに驚かれる方もたくさんいらっしゃいます。

Q2葬祭業に関する知識がないので心配です

入社した時点では専門知識がなくても大丈夫です。私もそうでしたし、大の葬祭で働く社員も未経験者からのスタート者ばかりです。 弊社には、社員研修制度がありますので、専属の研修担当者が時間を掛けて一からきっちりお葬式の知識やマナーをお伝えしていきます。 それぞれのペースに合わせて指導し、一人前の担当者となるまでサポートしますので、入社するまでにお葬式に関する知識がなくてもご安心ください。

Q3この仕事のやりがいを感じる時は?

お葬式を終えられたお客様に、心から「ありがとう」の言葉をいただけることです。 ほとんどの場合、お通夜・葬儀告別式の2日間しかお客様と関わることができません。 しかし、その短い時間の中で、お客様と信頼関係を築くことができ、お葬式を終えられた後に、心から感謝のお言葉をいただけるこの仕事は、 最高のサービス業であると思います。 通夜・葬儀告別式を終えた時、私たちもヘトヘトになりますが、「ありがとう」のお言葉をいただけた時、その疲れも吹き飛び「また明日も頑張ろう!」という気持ちになります。

portrait求めない!?人材像

お互いのために、悪しからず!

本来であれば「求める人材像」を挙げるべきかもしれません。 しかし、ここではあえて「求めない人材像」についてお話します。

なぜなら、お互いの価値観が合わない、つまり「ミスマッチ」がないことを願っているからです。そのため、下記の【ミスマッチ人材像】にあてはまる方はいくら能力があってもいくら経歴が素晴らしくても私たちとともに働くには向いていないと思います。

誠に申し訳ありませんが、お互いのためだとご理解いただき応募をご遠慮ください。

ミスマッチ人材像No.1

思いやりの心がない人

大の葬祭の商品は、「思いやりの心」です。それがなければお客様も自分たちもしあわせになれません。

私たちは、故人様やそのご家族様、ご縁者様などお葬式に関わるすべての方々に対して、思いやりの心という「商品」を提供し「対価」をいただいています。 また、お葬式はひとりでは決して運営できません。ともに働く仲間と「協調性」を保ち「チーム」で運営を行わなければお客様が満足してくださるサービスは提供できませんし、そのためには「みんなに助けられて今の自分がある」と「感謝」することも大切です。そうすることで、社員一人ひとりがしあわせになることを大の葬祭は願っています。

もし、あなたが「自分のことにしか興味がない」「集団行動よりも単独行動のほうが好き」という方であれば誠に残念ながら、大の葬祭はあなたに向いていません。逆に、あなたが「人の役に立ちたい!」「仲間と助け合いながら同じ目的・目標に向かって前進したい!」という方であればようこそ! 私たちは、あなたを大歓迎します!

ミスマッチ人材像No.2

大の葬祭の目的・目標に興味はなく、今すぐ働きたいだけの人

「大の葬祭」というチームに興味がなければ、会社の夢も、あなたの夢も叶いません。

私たちは、大の葬祭の「目的・目標」を達成するために集まった「チーム」です。 一人ひとりが自分の役割をきちんと理解し努力しなければ「目的・目標」はずっと「夢」のままです。

もし、あなたが「目的・目標? そんなの知ったこっちゃない」「ただ言われたことをやってればいいんでしょ」「私は、私のやりたいことだけをやる」という方であれば、誠に残念ながら、大の葬祭はあなたに向いていません。

逆に、あなたが目的・目標の達成のために、「どんどんチャレンジしてみたい!」「仲間とともに達成感を味わいたい!」という方、または、コツコツと与えられたことをきちんとこなせる努力型の人であれば私たちといっしょにぜひ、目的・目標を達成しましょう!

portrait求める人材像

心温まる気遣いができる人

「ハイ」とすぐに返事ができる人

人の話をよく聞ける人

反省ができる人

いかがでしたでしょうか?
私たちは、経験の有無はまったく問いません。
私たちと「価値観が合う」「ともに成長ができる」「大の葬祭の将来を担える」
すばらしい「人財(あなた)」との出会いを楽しみにしています。

エントリーはこちら

condition採用条件

新卒採用・高卒クリックしてご覧ください。
雇用形態 正社員
給与 基本給

140,000円

年1回1月に「勤続年数」と「個人の評価」と「会社の業績」によって昇給降給額が変動します。

携帯電話手当

6,000円

スマートフォンで社内情報を共有するため、全社員一律に支給しています。

入社される社員は、スマートフォンの所有をしてもらっています。

推奨スマートフォンは、iPhoneです。

通勤交通費

5,000円~15,000円

距離に応じて支給します。

資格手当
※条件有

葬祭ディレクター資格手当
葬儀保険資格手当

その他各種手当
※条件有

マイクロバス手当
夜間電話手当
夜間搬送手当
住宅手当
子供手当

役職手当

昇格した時点で、役職手当を支給します。
降格すれば役職手当を外します。

年2回半期ごとに「個人の評価」によって昇給降給額が変動します。

変動額は、5,000円~80,000円

委員長手当

委員長手当

時間外手当
(残業代)
全額支給

大の葬祭では、葬祭業のため時間外労働(お通夜があるため)が発生します。 月平均30時間程度となりますので、時間外手当の目安として30,000円程度支給しています。

賞与
(ボーナス)
年2回支給
(9月・3月)

半期ごとの「個人の評価」と「現在の職責」によって支給額が変化します。 職責の高い人が高い成果をあげると賞与がたくさんもらえて、新人で頑張らない人は冷遇を受けます。

昇給
(給与改定)
基本給

年1回4月

「勤続年数」と「個人の評価」と「会社の業績評価」によって「昇給・据え置き・降給」があります。

頑張った人(評価が高い人)と頑張らない人(評価が低い人)の差は最大8倍差が出ます。

役職手当

昇格した時点で、役職手当を支給します。
降格すれば役職手当を外します。

年2回半期ごとに「個人の評価」によって昇給降給額が変動します。

変動額は、5,000円~80,000円

加入保険 雇用保険・健康保険・厚生年金
福利厚生 有給休暇・慶弔休暇・育休、産休制度・運動施設無料使用など
評価制度

会社と社員の方向性を確認しあうコミュニケーション制度

大の葬祭には、目的・目標があります。 その目的・目標の達成のために、全社員が毎日がんばっています。

例えば、野球で甲子園にいくことを目的・目標と掲げている高校があるとします。それなのに、チームに私は、サッカーが好きだからワールドカップにいきたいなどと言っているメンバーがいればチームはまとまらないし、甲子園なんていけるわけがありません。また、ピッチャーとして活躍してほしいメンバーなのに、キャッチャーの練習をしても仕方がありません。

大の葬祭には、それぞれ社員に行ってもらいたい業務内容、またはどのように成長してもらいたいのかを示す指針があります。その理解度や達成度によって「個人の評価」が決まります。「個人の評価」が低ければ、求めている方向性や度合いを勘違いされているのかもしれません。逆に「個人の評価」が高ければ、会社の方針にきちんと沿った方向に進んでていると確信できます。

大の葬祭が考える「評価制度」は、会社と社員の方向性を確認しあうとても大切なコミュニケーション制度なのです。

教育制度

新入社員でも働きやすい、館内業務からスタートします。

STEP1
  • ・お葬式依頼の電話応対
  • ・式場の準備、片付け
STEP2
  • ・式の司会
  • ・お客様の誘導、案内
  • ・納棺
STEP3
  • ・お葬式プランの提案
  • ・事前相談

大の葬祭の社員は、初めからお葬式のことを知っていた方は一人もいませんでした。 仕事を通じて、業務だけでなく、心の育成にも力を入れています。

勤務場所 大の葬祭みえ
大の葬祭のつ
大の葬祭うすき
大の葬祭やよい

研修期間は、大の葬祭みえに主として出社してもらいます。

勤務時間 8:30~17:00
1時間休憩

葬祭スタッフとは別に夜間勤務専門部署を組織してるため深夜勤務は、ありません。

お通夜があるため、時間外(残業)は月30時間程度あります。

休日 年間休日87日
月7~8日

有給休暇について

大の葬祭では、他の中小企業には珍しく有給休暇の取得率が高い会社です。 それはなぜか?有給休暇の取得を会社として奨励しているからです。 ゆっくり体を休める、旅行に出かける、コンサートに出かける。などなど。 プライベートの時間が充実しているからこそ仕事にも目一杯、エネルギーを注げるからです。

仕事内容

先輩社員からの教育期間があるから安心です

基本業務として、まず「電話応対」があります。 ご遺族との最初の会話は「電話口」です。 次に、「式場の設営」です。 様々な宗旨宗派がありますので、ご遺族の宗旨宗派に沿った内容で式場を設営していきます。

そして、「式の進行」があります。 お葬式はご遺族だけでなく、故人様とご縁があった方が多く参列されます。 そこで、我々は、スムーズに式が進行していくように、会葬者・宗教者の方々をご案内していきます。

最後に、「式場の片付け」となります。 きちんと、清掃をおこない次の方が気持ちよく過ごせるように環境整備を行います。

新入社員には、上記の基本業務を行ってもらいます。 もちろん、先輩社員からの教育期間をしっかりと設けていますので、ご安心ください。

必須資格 普通自動車第1種免許
選考方法
適性診断、面接

※人物重視の選考となります。

新卒採用・短大卒クリックしてご覧ください。
雇用形態 正社員
給与 基本給

145,400円

年1回1月に「勤続年数」と「個人の評価」と「会社の業績」によって昇給降給額が変動します。

携帯電話手当

6,000円

スマートフォンで社内情報を共有するため、全社員一律に支給しています。

入社される社員は、スマートフォンの所有をしてもらっています。

推奨スマートフォンは、iPhoneです。

通勤交通費

5,000円~15,000円

距離に応じて支給します。

資格手当
※条件有

葬祭ディレクター資格手当
葬儀保険資格手当

その他各種手当
※条件有

マイクロバス手当
夜間電話手当
夜間搬送手当
住宅手当
子供手当

役職手当

昇格した時点で、役職手当を支給します。
降格すれば役職手当を外します。

年2回半期ごとに「個人の評価」によって昇給降給額が変動します。

変動額は、5,000円~80,000円

委員長手当

5,000円

時間外手当
(残業代)
全額支給

大の葬祭では、葬祭業のため時間外労働(お通夜があるため)が発生します。 月平均30時間程度となりますので、時間外手当の目安として30,000円程度支給しています。

賞与
(ボーナス)
年2回支給
(9月・3月)

半期ごとの「個人の評価」と「現在の職責」によって支給額が変化します。 職責の高い人が高い成果をあげると賞与がたくさんもらえて、新人で頑張らない人は冷遇を受けます。

昇給
(給与改定)
基本給

年1回4月

「勤続年数」と「個人の評価」と「会社の業績評価」によって「昇給・据え置き・降給」があります。

頑張った人(評価が高い人)と頑張らない人(評価が低い人)の差は最大8倍差が出ます。

役職手当

昇格した時点で、役職手当を支給します。
降格すれば役職手当を外します。

年2回半期ごとに「個人の評価」によって昇給降給額が変動します。

変動額は、2,500円〜60,000円

加入保険 雇用保険・健康保険・厚生年金
福利厚生 有給休暇・慶弔休暇・育休、産休制度・運動施設無料使用など
評価制度

会社と社員の方向性を確認しあうコミュニケーション制度

大の葬祭には、目的・目標があります。 その目的・目標の達成のために、全社員が毎日がんばっています。

例えば、野球で甲子園にいくことを目的・目標と掲げている高校があるとします。それなのに、チームに私は、サッカーが好きだからワールドカップにいきたいなどと言っているメンバーがいればチームはまとまらないし、甲子園なんていけるわけがありません。また、ピッチャーとして活躍してほしいメンバーなのに、キャッチャーの練習をしても仕方がありません。

大の葬祭には、それぞれ社員に行ってもらいたい業務内容、またはどのように成長してもらいたいのかを示す指針があります。その理解度や達成度によって「個人の評価」が決まります。「個人の評価」が低ければ、求めている方向性や度合いを勘違いされているのかもしれません。逆に「個人の評価」が高ければ、会社の方針にきちんと沿った方向に進んでていると確信できます。

大の葬祭が考える「評価制度」は、会社と社員の方向性を確認しあうとても大切なコミュニケーション制度なのです。

教育制度

新入社員でも働きやすい、館内業務からスタートします。

STEP1
  • ・お葬式依頼の電話応対
  • ・式場の準備、片付け
STEP2
  • ・式の司会
  • ・お客様の誘導、案内
  • ・納棺
STEP3
  • ・お葬式プランの提案
  • ・事前相談

大の葬祭の社員は、初めからお葬式のことを知っていた方は一人もいませんでした。 仕事を通じて、業務だけでなく、心の育成にも力を入れています。

勤務場所 大の葬祭みえ
大の葬祭のつ
大の葬祭うすき
大の葬祭やよい

研修期間は、大の葬祭みえに主として出社してもらいます。

勤務時間 8:30~17:00
1時間休憩

葬祭スタッフとは別に夜間勤務専門部署を組織してるため深夜勤務は、ありません。

お通夜があるため、時間外(残業)は月30時間程度あります。

休日 年間休日87日
月7~8日

有給休暇について

大の葬祭では、他の中小企業には珍しく有給休暇の取得率が高い会社です。 それはなぜか?有給休暇の取得を会社として奨励しているからです。 ゆっくり体を休める、旅行に出かける、コンサートに出かける。などなど。 プライベートの時間が充実しているからこそ仕事にも目一杯、エネルギーを注げるからです。

仕事内容

先輩社員からの教育期間があるから安心です

基本業務として、まず「電話応対」があります。 ご遺族との最初の会話は「電話口」です。 次に、「式場の設営」です。 様々な宗旨宗派がありますので、ご遺族の宗旨宗派に沿った内容で式場を設営していきます。

そして、「式の進行」があります。 お葬式はご遺族だけでなく、故人様とご縁があった方が多く参列されます。 そこで、我々は、スムーズに式が進行していくように、会葬者・宗教者の方々をご案内していきます。

最後に、「式場の片付け」となります。 きちんと、清掃をおこない次の方が気持ちよく過ごせるように環境整備を行います。

新入社員には、上記の基本業務を行ってもらいます。 もちろん、先輩社員からの教育期間をしっかりと設けていますので、ご安心ください。

必須資格 普通自動車第1種免許
選考方法
適性診断、面接

※人物重視の選考となります。

新卒採用・大卒クリックしてご覧ください。
雇用形態 正社員
給与 基本給

155,000円

年1回1月に「勤続年数」と「個人の評価」と「会社の業績」によって昇給降給額が変動します。

大卒新卒手当

15,000円

携帯電話手当

6,000円

スマートフォンで社内情報を共有するため、全社員一律に支給しています。

入社される社員は、スマートフォンの所有をしてもらっています。

推奨スマートフォンは、iPhoneです。

通勤交通費

5,000円~15,000円

距離に応じて支給します。

資格手当
※条件有

葬祭ディレクター資格手当
葬儀保険資格手当

その他各種手当
※条件有

マイクロバス手当
夜間電話手当
夜間搬送手当
住宅手当
子供手当

葬祭ディレクター
資格手当

2級 10,000円
1級 20,000円

役職手当

昇格した時点で、役職手当を支給します。
降格すれば役職手当を外します。

年2回半期ごとに「個人の評価」によって昇給降給額が変動します。

変動額は、5,000円~80,000円

委員長手当

5,000円

時間外手当
(残業代)
全額支給

大の葬祭では、葬祭業のため時間外労働(お通夜があるため)が発生します。 月平均30時間程度となりますので、時間外手当の目安として30,000円程度支給しています。

賞与
(ボーナス)
年2回支給
(9月・3月)

半期ごとの「個人の評価」と「現在の職責」によって支給額が変化します。 職責の高い人が高い成果をあげると賞与がたくさんもらえて、新人で頑張らない人は冷遇を受けます。

昇給
(給与改定)
基本給

年1回4月

「勤続年数」と「個人の評価」と「会社の業績評価」によって「昇給・据え置き・降給」があります。

頑張った人(評価が高い人)と頑張らない人(評価が低い人)の差は最大8倍差が出ます。

役職手当

昇格した時点で、役職手当を支給します。
降格すれば役職手当を外します。

年2回半期ごとに「個人の評価」によって昇給降給額が変動します。

変動額は、5,000円~80,000円

加入保険 雇用保険・健康保険・厚生年金
福利厚生 有給休暇・慶弔休暇・育休、産休制度・運動施設無料使用など
評価制度

会社と社員の方向性を確認しあうコミュニケーション制度

大の葬祭には、目的・目標があります。 その目的・目標の達成のために、全社員が毎日がんばっています。

例えば、野球で甲子園にいくことを目的・目標と掲げている高校があるとします。それなのに、チームに私は、サッカーが好きだからワールドカップにいきたいなどと言っているメンバーがいればチームはまとまらないし、甲子園なんていけるわけがありません。また、ピッチャーとして活躍してほしいメンバーなのに、キャッチャーの練習をしても仕方がありません。

大の葬祭には、それぞれ社員に行ってもらいたい業務内容、またはどのように成長してもらいたいのかを示す指針があります。その理解度や達成度によって「個人の評価」が決まります。「個人の評価」が低ければ、求めている方向性や度合いを勘違いされているのかもしれません。逆に「個人の評価」が高ければ、会社の方針にきちんと沿った方向に進んでていると確信できます。

大の葬祭が考える「評価制度」は、会社と社員の方向性を確認しあうとても大切なコミュニケーション制度なのです。

教育制度

新入社員でも働きやすい、館内業務からスタートします。

STEP1
  • ・お葬式依頼の電話応対
  • ・式場の準備、片付け
STEP2
  • ・式の司会
  • ・お客様の誘導、案内
  • ・納棺
STEP3
  • ・お葬式プランの提案
  • ・事前相談

大の葬祭の社員は、初めからお葬式のことを知っていた方は一人もいませんでした。 仕事を通じて、業務だけでなく、心の育成にも力を入れています。

勤務場所 大の葬祭みえ
大の葬祭のつ
大の葬祭うすき
大の葬祭やよい

研修期間は、大の葬祭みえに主として出社してもらいます。

勤務時間 8:30~17:00
1時間休憩

葬祭スタッフとは別に夜間勤務専門部署を組織してるため深夜勤務は、ありません。

お通夜があるため、時間外(残業)は月30時間程度あります。

休日 年間休日87日
月7~8日

有給休暇について

大の葬祭では、他の中小企業には珍しく有給休暇の取得率が高い会社です。 それはなぜか?有給休暇の取得を会社として奨励しているからです。 ゆっくり体を休める、旅行に出かける、コンサートに出かける。などなど。 プライベートの時間が充実しているからこそ仕事にも目一杯、エネルギーを注げるからです。

仕事内容

先輩社員からの教育期間があるから安心です

基本業務として、まず「電話応対」があります。 ご遺族との最初の会話は「電話口」です。 次に、「式場の設営」です。 様々な宗旨宗派がありますので、ご遺族の宗旨宗派に沿った内容で式場を設営していきます。

そして、「式の進行」があります。 お葬式はご遺族だけでなく、故人様とご縁があった方が多く参列されます。 そこで、我々は、スムーズに式が進行していくように、会葬者・宗教者の方々をご案内していきます。

最後に、「式場の片付け」となります。 きちんと、清掃をおこない次の方が気持ちよく過ごせるように環境整備を行います。

新入社員には、上記の基本業務を行ってもらいます。 もちろん、先輩社員からの教育期間をしっかりと設けていますので、ご安心ください。

必須資格 普通自動車第1種免許
選考方法
適性診断、面接

※人物重視の選考となります。

中途採用・正社員クリックしてご覧ください。
雇用形態 正社員
給与 基本給

155,000円

年1回1月に「勤続年数」と「個人の評価」と「会社の業績」によって昇給降給額が変動します。

携帯電話手当

6,000円

スマートフォンで社内情報を共有するため、全社員一律に支給しています。

入社される社員は、スマートフォンの所有をしてもらっています。

推奨スマートフォンは、iPhoneです。

通勤交通費

5,000円~15,000円

距離に応じて支給します。

資格手当
※条件有

葬祭ディレクター資格手当
葬儀保険資格手当

その他各種手当
※条件有

マイクロバス手当
夜間電話手当
夜間搬送手当
住宅手当
子供手当

葬祭ディレクター
資格手当

2級 10,000円
1級 20,000円

役職手当

昇格した時点で、役職手当を支給します。
降格すれば役職手当を外します。

年2回半期ごとに「個人の評価」によって昇給降給額が変動します。

変動額は、5,000円~80,000円

委員長手当

5,000円

時間外手当
(残業代)
全額支給

大の葬祭では、葬祭業のため時間外労働(お通夜があるため)が発生します。 月平均30時間程度となりますので、時間外手当の目安として30,000円程度支給しています。

賞与
(ボーナス)
年2回支給
(9月・3月)

半期ごとの「個人の評価」と「現在の職責」によって支給額が変化します。 職責の高い人が高い成果をあげると賞与がたくさんもらえて、新人で頑張らない人は冷遇を受けます。

昇給
(給与改定)
基本給

年1回4月

「勤続年数」と「個人の評価」と「会社の業績評価」によって「昇給・据え置き・降給」があります。

頑張った人(評価が高い人)と頑張らない人(評価が低い人)の差は最大8倍差が出ます。

役職手当

昇格した時点で、役職手当を支給します。
降格すれば役職手当を外します。

年2回半期ごとに「個人の評価」によって昇給降給額が変動します。

変動額は、5,000円~80,000円

加入保険 雇用保険・健康保険・厚生年金
福利厚生 有給休暇・慶弔休暇・育休、産休制度・運動施設無料使用など
評価制度

会社と社員の方向性を確認しあうコミュニケーション制度

大の葬祭には、目的・目標があります。 その目的・目標の達成のために、全社員が毎日がんばっています。

例えば、野球で甲子園にいくことを目的・目標と掲げている高校があるとします。それなのに、チームに私は、サッカーが好きだからワールドカップにいきたいなどと言っているメンバーがいればチームはまとまらないし、甲子園なんていけるわけがありません。また、ピッチャーとして活躍してほしいメンバーなのに、キャッチャーの練習をしても仕方がありません。

大の葬祭には、それぞれ社員に行ってもらいたい業務内容、またはどのように成長してもらいたいのかを示す指針があります。その理解度や達成度によって「個人の評価」が決まります。「個人の評価」が低ければ、求めている方向性や度合いを勘違いされているのかもしれません。逆に「個人の評価」が高ければ、会社の方針にきちんと沿った方向に進んでていると確信できます。

大の葬祭が考える「評価制度」は、会社と社員の方向性を確認しあうとても大切なコミュニケーション制度なのです。

教育制度

新入社員でも働きやすい、館内業務からスタートします。

STEP1
  • ・お葬式依頼の電話応対
  • ・式場の準備、片付け
STEP2
  • ・式の司会
  • ・お客様の誘導、案内
  • ・納棺
STEP3
  • ・お葬式プランの提案
  • ・事前相談

大の葬祭の社員は、初めからお葬式のことを知っていた方は一人もいませんでした。 仕事を通じて、業務だけでなく、心の育成にも力を入れています。

勤務場所 大の葬祭みえ
大の葬祭のつ
大の葬祭うすき
大の葬祭やよい

研修期間は、大の葬祭みえに主として出社してもらいます。

勤務時間 8:30~17:00
1時間休憩

葬祭スタッフとは別に夜間勤務専門部署を組織してるため深夜勤務は、ありません。

お通夜があるため、時間外(残業)は月30時間程度あります。

休日 年間休日87日
月7~8日

有給休暇について

大の葬祭では、他の中小企業には珍しく有給休暇の取得率が高い会社です。 それはなぜか?有給休暇の取得を会社として奨励しているからです。 ゆっくり体を休める、旅行に出かける、コンサートに出かける。などなど。 プライベートの時間が充実しているからこそ仕事にも目一杯、エネルギーを注げるからです。

仕事内容

先輩社員からの教育期間があるから安心です

基本業務として、まず「電話応対」があります。 ご遺族との最初の会話は「電話口」です。 次に、「式場の設営」です。 様々な宗旨宗派がありますので、ご遺族の宗旨宗派に沿った内容で式場を設営していきます。

そして、「式の進行」があります。 お葬式はご遺族だけでなく、故人様とご縁があった方が多く参列されます。 そこで、我々は、スムーズに式が進行していくように、会葬者・宗教者の方々をご案内していきます。

最後に、「式場の片付け」となります。 きちんと、清掃をおこない次の方が気持ちよく過ごせるように環境整備を行います。

新入社員には、上記の基本業務を行ってもらいます。 もちろん、先輩社員からの教育期間をしっかりと設けていますので、ご安心ください。

必須資格 普通自動車第1種免許
選考方法
適性診断、面接

※人物重視の選考となります。

entryエントリー

電話にて相談したい方は 0120-33-2801
採用担当 川野嘉之
採用担当 川野嘉之
form
お名前(必須)
お電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
相談内容