想いを大切にする。エピソード

想いを大切にする。エピソード

2018.2.13お別れに後悔を残さない。ご遺族への声かけを大切に

お葬式とは、大切な方との悲しいお別れの式ではありますが、実は小さな小さなよろこびのシーンが生まれる瞬間があるのです。

 

それは、家族が紡ぐ心あたたまるストーリー。

 

大切な方との別れのひとときを温かい思い出として残されたご遺族の心の中に生き続けてほしい。

 

大の葬祭では、そんなお手伝いをさせていただいております。

 

思い出がたくさん詰まった祖母との別れ。会えなかった後悔

 

先日担当させていただいたご葬儀で、おばあさまを亡くされたお孫さんの話です。

 

そのお孫さんは福岡の大学に通われている女性で、

 

「おばあちゃんって自分でなんでもする人だったんです。お味噌も手作り味噌だったし、梅干しも自分で干したり。もう食べられないのが残念です。もっとちゃんと習っておけばよかった」

 

と、おばあさまのお話や、ふたりの思い出を語ってくれました。

 

大の葬祭 想いを大切にするエピソードNo12 1-1

 

 

ご葬儀の日も、早い時間から外に出て思いにふけっているようでした。

 

霜が降りるほどの寒い朝だったので私は「大丈夫ですか?お寒くないですか」と声をかけさせていただきました。

 

その時も、色んなお話をして下さり、お孫さんは控え室へ、私は事務所に戻りました。

 

しばらくすると、コンコンと事務所をノックする音。ドアを開けると、先ほどのお孫さんがお椀を持って立っていらっしゃいました。

 

両手に持ったお椀からは湯気が立ち、なんだかとても香ばしい匂いが…。

 

「これ、田舎あられです。煎茶に入れて飲むと美味しくて温まるんですよ。あられ茶漬けって呼んでました。これもおばあちゃんがよく作ってくれたんです」

 

とわざわざ持ってきてくれました。

 

いつもの煎茶にあられを浮かべるだけでこんなに美味しくなるとは…。おばあさまの暮らしの知恵がお孫さんに受け継がれ、すっかり私は心まであたたかくなっていました。

 

大の葬祭 想いを大切にするエピソードNo12 1-2

 

 

胸を張って見送るお孫さん、後悔をご葬儀で和らげる

 

お孫さんは、葬儀前からずっとおばあさまの死に目に会えなかったという後悔の念を抱えつつも葬儀に参列されました。

 

葬儀がしめやかに行われ、いよいよ最後のご出棺に差しかかったときのこと。私は棺を後ろの方で押していたのですが、ちょうどお孫さんが私の隣にいらっしゃったので、

 

「最後の機会ですし、よかったらおばあさまの棺を一緒に押してお送りしませんか?」

 

とお声がけしました。

 

するとこわばっていた表情が少しほころび、

 

「じゃあ、私が…」

 

と最初は控えめに、最後は胸を張って押してくれました。

 

 

私自身の話ではありますが、祖母の葬儀の時、”気付いたらいつの間にか終わっていた”

というような感じでしたので、「あの時もっと積極的にいけばよかったな」とご葬儀が終わってから後悔しないように、何か残してあげたいという一心で声を掛けさせていただきました。

 

そして実はこの話にはまだ続きがあります。

 

その2週間後におじいさまが亡くなったのです。

 

おじいさまのご葬儀の担当は私ではなかったのですが、出棺の時を拝見することができました。

 

そのとき、お孫さんは棺にしっかりと手を添えて胸を張ってご出棺されていました。

 

おばあさまのご葬儀の時に一言添えさせていただいたことで、おじいさまの時に積極的に「その場に立っていいんだ、もっと近くにいていいんだ」という気持ちを持っていただけたのかなと、勝手ながら思わせていただいております。

 

大切な方との最期のお別れに「後悔」という言葉が心のどこかにあるのであれば、私たちスタッフの一言によって、少しでもその「後悔」を和らげていただけたらと思います。

 

肌を刺すような寒い朝、あの日にいただいた「あられ茶漬け」の湯気と香りを思い出せば、

いつでも気持ちがあたたかくなります。

 

text= 大の葬祭グループ